点検整備で安心安全なカーライフを

”お車の不調を感じたらすぐにご相談ください!”

お車には天候や道路状況や使用頻度などの要因である摩耗と、年数による経年劣化と言った要因により不調を引き起こす可能性があります。
安心・安全にお車に乗り続けるには定期的な点検と整備が必要です。
お車に詳しい方なら不調の原因や、部品の交換時期の目安等が判別でき、専用工具でセルフでも対応可能ですが、お車に詳しくない方にとっては点検整備は何をどうして良いのか分からないと思います。
また、お車に詳しい方でも本格的に整備となると、それなりの設備が必要となります。
お車の不調を感じましたらまずは北海道日高郡新ひだか町の橋本興業にお気軽にご相談ください!

国家資格を持った整備士がお客様の安心・安全の為、しっかりと点検し不調の原因を整備いたします。
もちろん、点検の際に不調の部分が判明しましたら、きちんとご説明し対応方法をお伝えしご納得いただけるまで丁寧にご説明いたします。また、承諾を得ていない勝手な整備などは致しませんので、どんな小さな事でもお車についてご相談はお任せください。

北海道日高郡の橋本興業は自社工場完備の充実した設備を有しております。
新ひだか町、浦河町、新冠町でお車の点検整備の事は橋本興業にお任せください!

橋本興業の点検整備1
橋本興業の点検整備2

定期点検の事ならお任せ!

”整備士がしっかりと点検いたします”

国家資格整備士の丁寧な対応

お車の定期点検は北海道日高郡の橋本興業にお任せください!弊社は自社工場完備で国家資格所持のプロの整備士が経験を活かし、しっかりとお客様のお車を点検・整備し、お車の状態により修理・交換までの工程を責任を持って行います。
定期点検以外にもお車の不調、走行中の異音や異臭、振動などおかしいと感じましたらお気軽にご相談ください。

国家資格整備士の丁寧な対応

愛車に長く乗って頂く為に

お車の点検には、お客様でもチェック可能な日常点検(ウォッシャー液・エンジンオイルチェック・ワイパーゴム・バッテリーチェック・タイヤ空気圧など)と1年、2年毎に行う定期点検があります。定期点検には車の内部の確認が必要なため、大掛かりな設備と機械整備のプロでないと難しいものです。一般的にはディーラー通知が届き、指定の整備工場へ委託される形になります。
車の故障や事故を事前に防ぐため、ブレーキ周り・車の下周りを含めしっかりと丁寧に整備を行います。
愛車の寿命にも繋がりますので定期的な点検をオススメいたします。

愛車に長く乗って頂く為に

お客様のご予算に合わせて点検・整備

お預かりしたお車で点検の際に修理が必要と判断した場合には、お車の状態をしっかりと丁寧に説明し、ご予算に応じた修理方法をご提案いたします。定期点検でなくとも、特にメンテナンスを必要とするオイル交換やバッテリー交換も対応いたします。
走行中のトラブルで最も多いのが、バッテリー上がりです。夏場・冬場のエアコンなどでバッテリーは弱まって来ますので長距離運転の前には事前に点検をオススメいたします。

お客様のご予算に合わせて点検・整備

ロータス整備保証制度

”ロータス整備保証付きだから安心・安全です”

橋本興業はロータスクラブ加盟店ですので、点検・整備・車検には「ロータス整備保証」が付きます。
ロータスクラブでは「確かな整備」をモットーに、整備品質の維持に万全を期しておりますが、万が一ロータス店の責任による不具合が発生した場合は、下記の条件に従い整備保証をいたします。

”保証条件について”

❶.整備保証の対象車両

整備保証の対象自動車は、自家用自動車とします。
ただし、自家用自動車であっても、乗車定員11人以上の自動車、乗車定員10人以下で車両総重量8トン以上の自動車、レンタカー及び特殊自動車は除外します。また、定期点検整備の実施後、自動車検査証に記載された使用者が変わったもの、または、事業自動車、レンタカーに該当することとなったものも除外します。

❷.整備保証対象範囲

整備保証の対象範囲は、道路運送車両法第48条に基づく整備時に同法に基づく自動車点検基準に定められた項目(以下「定期点検項目」という。)について行った整備作業とします。
また、その定期点検整備時に実施した定期点検項目以外の点検・整備作業についても、定期点検整備記録簿に記録されたものは、整備保証の対象とします。なお、点検項目のうち、点検の結果、ロータス店が整備を必要と認めた項目について、お客さまのご意向で整備をされなかった場合(処置欄に斜線を引いた個所)は、整備保証の対象から除きます。

❸.整備保証の請求手続き

1. 保証整備をご請求になる場合には、保証書をロータス店へご提示ください。
2. 不具合個所の点検、整備作業の内容が記載された書面(定期点検記録簿等)を併せてお持ちください。

❹.整備保証の対象から除外されるもの

1. 客観性のない現象で、個人の感覚に基づく不具合(音・振動)など
2. 消耗、摩耗、経年劣化などによる不具合
3. 定期点検整備実施後における取扱店以外での自動車の改造及び整備による不具合
4. レース、ラリー、過積載など通常の使用限度を超えて酷使したことによる不具合
5. 自動車が使用できないことによる損失(休業補償、商業損失、レンタカー代など)

❺.その他

1. 整備保証書に整備保証実施事業者印の無い場合は、無効となります。
2. 保証書は再発行いたしませんので、大切に保管してください。

”整備保証書サンプル”

ゴールド整備保証書

ゴールド整備保証書

シルバー整備保証書

シルバー整備保証書

点検整備の流れ

”ご相談からお申込み、入庫から納車までの流れになります”

ご相談からお申込み、入庫から納車までの流れになります

お問い合わせ

”まずはお気軽にご相談ください”